大人にきび

大人にきびの原因と対策

大人にきびの原因と対策

 

今回は、何度も出てきてしまう大人にきびの原因と、予防のためのポイントについて、まとめていこうと思います。

 

@大人にきびとは?

 

簡単に大人にきびを定義しておくと、「20歳以上の人に発症するにきび」ということになります。

 

あごの線に沿ったあたりですとか、口の周辺になどによく発症します。

 

ですが、大人にきびは、正確なアプローチで治療を進めていくことで、どなたでも改善に向かうことが可能です。

 

この記事では、その症状に即した、ふさわしいアプローチを書いていこうと思います。

 

というわけで、まずは大人にきびの特徴を簡単にまとめていきますね。

 

再発の可能性が高い。

 

肌の状態を最適な状態にキープしておかないと、毛穴がまた詰まってしまい、大人にきびがまたできてしまうということが起きやすいです。

 

理由としては、アクネ桿菌という菌が、詰まってしまった毛穴の奥の方に残ってしまうことで、炎症が発生して、大人にきびが再発する、という流れが出来上がってしまうからなんです。

 

跡ができてしまうことが多い。

 

思春期のニキビと比べて、大人にきびは、にきび跡になってしまいがちです。

 

その理由は、新陳代謝、お肌の代謝がうまくいかなくなっていくからなんです。

 

ですから、お肌の代謝をしっかりキープして、大人にきびを治療するだけでなく、繰り返して発症しないようにすることが大切になってきます。

 

A大人にきびが発症するにはどんな原因があるの?

 

大量に出てしまった皮脂が、毛穴の部分をふさぐことによってできるのが思春期のニキビです。

 

が、大人にきびができてしまう理由というのは、表皮の部分のターンオーバー・新陳代謝が通常通りに進まなくなってしまったことで、分厚い角質層がちゃんと取れることなく、毛穴の部分がふさがってしまうというのが一番なんです。

 

大人にきびの原因となりうるもの

 

・紫外線

 

・過度な喫煙や飲酒

 

・偏食

 

・ストレス過多

 

・シャンプーや洗顔料などがすすぎ残っていた場合

 

・睡眠の不足

 

・生活習慣が乱れたこと

 

・生理の周期の影響

 

やはり日々の生活と密接に関係していることばかりですよね。

 

発症しやすい時期

 

・生活習慣が乱れてしまった場合、たとえば、睡眠不足だったり日常のストレスが重なってしまった時など

 

・冬の時期。夏の紫外線を守るために肌にできた角質が、冬の乾燥によってお肌があれてしまうケースが多いため。

 

・生理の2週間くらい前から、生理が実際に始まるまでの、排卵期と呼ばれる時期。

 

B大人にきびの対策のポイント

 

端的に言えば、お肌を清潔に保つことと、生活習慣の見直しが大切になってきます。

 

以下にまとめていきますね。

 

紫外線の対策

 

紫外線によって、できてしまった大人にきびが日焼けしてしまい、やっかいなシミにつながってしまうことがあります。

 

きっちり紫外線の対策を行うことが肝要です。

 

外出時には、サングラスの着用や入念なUVケアを欠かさないようにしましょう。

 

睡眠を十分に

 

睡眠中に成長ホルモンが出ます。

 

特に夜10時から2時の4時間に成長ホルモンがたっぷり出るので、この時間帯はなるべく睡眠をとり、規則正しい生活をするように心がけていきましょう。

 

ビタミン類やタンパク質をしっかり摂取する

 

肌の新陳代謝は、特にタンパク質が促してくれます。

 

納豆や豆腐などの大豆製品、また、乳製品や玉子、肉や魚などをたっぷりとるようにしましょう。

 

また、ビタミンも同様に大切です。

 

野菜類やキノコ、ナッツ類なども積極的にとるようにしましょう。

 

運動を適度に行う

 

運動によって代謝がアップするので、お肌のターンオーバーが正しいリズムで行われるようになります。

 

また、ストレスの解消にもつながるので、一石二鳥の効果が期待できます。

 

美肌と健康のために。

 

ご参考になりましたでしょうか。

 

jitte(ジッテ)のケアと同時にこれらを進めていくことで、美肌と一緒に健康も手に入れませんか。

 

>>jitte(ジッテ)の詳細はコチラ

 

 

 

サイトTOP「jitte(ジッテ)クリームのリアルな口コミ」に戻る